1.打合せの頻度について

当事務所では、◯か月に一度などの決まりを設けず、お客さまが相談したいタイミングや、こちらからお伝えしたいことがあるタイミングで随時打ち合わせをしています。
インボイスや電子帳簿保存法にもしっかりと対応できるよう、丁寧に打合せを進めていきますので、ご安心ください!

はじめのうちは、確認したいことや、お伝えすべきことが多くありますので、打ち合わせ頻度は高くなります。

特に、お客さまご自身でfreeeへ入力することを希望される場合には、freeeでの自動化を実現するために集中的なサポートが必要になりますので、はじめの半年間くらいは毎月打ち合わせを行っています。
この期間はfreee専門の税理士自身が直接対応しますので、お客さまは、一番大切な導入期間に、特に高品質なサービスを受けることができます!
(記帳代行をご依頼されるお客さまも、導入期間は税理士自身が対応します。)

そしてお客さまの経理が軌道にのりましたら、徐々に担当者に業務を引き継ぎ、打ち合わせの頻度も少なくしていきます。(打ち合わせ頻度は、お客さまの事業規模により異なります。)

最初に、お客さまにとって一番大切な導入期間に、集中的にサービスを提供して、スムーズに軌道にのせます!
そして、軌道にのったあとはあまり時間をかけないように工夫することにより、ほかにはない高品質なサービスを低価格で提供できるように努めています。

2.経営成績の報告頻度・確認頻度について

freee導入サポートが終了して、お客さまの経理が軌道にのりましたら、下記を目安に経営成績の報告や、お客さまが入力された内容の確認を行っています。


1.記帳代行を依頼されるお客さま
お客さまの事業規模(年商)に応じて、下記を目安に経営成績をご報告します。

1.1,000万円未満         /年に2回
2.1,000万円以上 2,000万円未満 /年に3回
3.2,000万円以上 3,000万円未満 /年に4回
4.3,000万円以上 1億円未満   /年に6回
5.1億円以上           /毎月


2.自計化されるお客さま
お客さまご自身で入力作業を進めることができますので、リアルタイムで経営成績を把握することができます。
freeeで自計化をする最大のメリットになりますので、おすすめしています!

お客さまが入力された内容の確認は、
お客さまの事業規模(年商)に応じて、下記を目安に行います。
確認作業は、期中はポイントをしぼって行い、決算時に全体を確認します。

1.1,000万円未満         /年に2回
2.1,000万円以上 3,000万円未満 /年に3回
3.3,000万円以上 1億円未満   /年に4回
4.1億円以上   5億円未満   /年に6回
5.5億円以上          /毎月